カイテキオリゴは海外出張の強いみかた

 

カイテキオリゴ

 

私は仕事柄海外に行くことが多く、長い場合は1~2ヶ月は帰国できません。

 

あまり衛生状態の良くない途上国に行くこともあり、その場合は日本から加工食品を持ち込むことが多く、サプリメントで栄養補給はしているもののどうしても野菜不足になってしまいます。

 

また、アメリカなどの欧米に行くこともあり、それらの国では現地の食事を摂りますが、和食に比べて肉中心でやはり野菜不足になりやすく、どちらにしても栄養が偏り、お通じ環境は乱れがちになってしまいます。

 

野菜不足による便秘を解消したいという気持ちもありますが、同時に強い胃腸になりたいという気持ちも強いです。

 

特に途上国では胃腸が弱いとしょっちゅう食あたりを起こしてしまい、便秘と下痢を繰り返す生活になってしまい、それは想像以上に体力を奪うため、仕事を円滑に回していくためにも強い胃腸は海外出張の強いみかたになります。

 

私は入社5年目ですが、1年程前、出張を任されるようになってから先輩社員にカイテキオリゴを教えてもらいました。

 

うちの会社の社員には、このような口コミからカイテキオリゴを常用している人がとても多いです。先輩から後輩へ代々伝えられていると言っても過言ではありません。

 

というのは、カイテキオリゴは一般のオリゴ糖と違い、高品質で純度が高いので高い効果が得られるからです。

 

また、腸内のビフィズス菌に作用するものは、ビフィズス菌には30以上の種類があるので自分が保有しているタイプ出ないと摂取しても効き目が出ないものなのですが、カイテキオリゴは独自処方で30種の菌に効き目を現します。そのため、効果がある確率がぐんと高いのです。

 

私も紹介されて早速取り寄せました。サラリとした顆粒で何にでもよく溶けるので、ジュースや牛乳、ヨーグルト、スープ、ラーメンなどに混ぜても違和感ありません。味は砂糖の1/4ということであっさりしています。

 

1年近く継続して飲んでいますが、以前に比べて胃腸を壊すことは格段に少なくなり、海外でも快便生活を送ることができています。